歯列矯正とは

歯列矯正とは、簡単に言うと、人為的に歯並びを治すことです。歯列矯正をすることで、歯並びがきれいになるとともに、顔立ちの調和がとれるようになります。

歯列矯正のメリット

また、歯列矯正は見た目だけではなくて、

  • よりしっかり噛めることにより、食べ物の消化が良くなる
  • 食べ物の消化が良くなることで、消化器官の負担が減る
  • 顎の筋肉のバランスが良くなる
  • 歯並びが良くなったことで滑舌が良くなる
  • 歯磨きがしやすくなったことで、虫歯や歯周病になる可能性も減る

などのメリットがあります。

歯列の矯正については、やはり子どもがやるものというイメージがありますが、実際には成人向けの歯列矯正はあり、実際に多くの人が自分の歯列の矯正につとめいています。

実際にこの歯列矯正はどのくらいのスケジュールで良くなっていくのかというと、個人差というものがあるので、誰でも同じ期間というわけではありませんが、概ね子どもは1〜2年、大人は1〜3年程度の治療期間がかかります。

歯列矯正装置の種類

歯列矯正をする場合には、矯正装置を歯につけるということになりますが、以前は銀色のギラギラしたものが歯に絡みついているようなイメージがありますが、最近は矯正装置の開発も進んで目立たない装置なども開発されています。ですから、治療をする場合には、どの装置を使うのかというような提案が歯科医師の先生から質問されると思いますので、あらかじめ知っておくと良いと思います。

金属ブラケット

一般的に「歯列矯正」というイメージのものになると思いますが、歯の表側に接着する装置です。メリットは他の装置と比べると安価だということです。デメリットとしては、やはり目立つということです。

審美ブラケット

白や透明の非金属のブラケットです。カラーが白や透明ということもあり、金属ブラケットと比べると目立ちませんが、表側に装着をするので、装置は見えます。また、コスパという点では金属ブラケットに比べると効果になりますが、装置が非金属なので、金属アレルギーの人には安心して装着できます。

セルフライゲーションブラケット

ワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減して設計されているので、痛みが軽減したり、効率的に治療ができます。ただ、コスパが悪いです。

裏側矯正

歯の裏側に装置をしますので、周囲の人からは全く目立ちませんが、なれるまで時間がかかるというのと、やはりコスパが悪いというのはデメリットです。

ハーフリンガル矯正

上顎の歯は、裏側に、下顎の歯には表側に装置を設置します。デメリットは、この矯正を経験している歯科医があまりいないということです。

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使わずに、マウスピース型の装置を使って治療します。装置は取り外しが可能です。デメリットは指定された装着時間を守らないと、治療に影響するということです。

以上、歯列矯正の装置には、様々なものが開発をされているので、どの装置が自分に合うのか、その点はよく歯科医と相談をして決めましょう。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ